教育目標

1    教育目標
私たちは創造する。
未来に生きる人づくりをめざし、たがいに心を通わせ、真実を学び教える。
武蔵野の自然を愛し、生命の尊さと働くことの喜びを知り、無限の可能性を追い求めてゆく。
・力いっぱい自分の能力を伸ばそう。
・みんなで考え実行しよう。
・健康で心ゆたかな人になろう。


      
2    基本方針
学校の教育目標を達成するために、教育活動全般を通じて「身体・言語・自然」を念頭に置きながら、人権を尊重し、個性豊かな自己実現に向けてたくましく生きる生徒の育成に努める。


(1)    学習指導においては、生徒が意欲を持って主体的に学習できるよう、考えたり、工夫や作業をしたりする時間を確保するとともに、少人数授業やTTによる授業等を通して生徒一人一人へのきめ細かい指導を展開し、個に応じた指導と複線型教材の一層の充実を図り、指導法を改善していく。


(2)    指導と評価の一体化を前提とし、評価基準を明確化させ、生徒並びに保護者への明示化に取り組む。「生徒自らが学習に役立てることができる評価」を視点として整備することにより、確かな学力の向上を目指した授業改善を推進していく。


(3)    道徳の全体計画に基づいてその充実を図るとともに、道徳の時間を資料等の活用の工夫を通して意図的、計画的に運営し、思いやりの心や連帯感を醸成し、社会性を育成する。


(4)    体育や健康・安全に関わる教育活動の計画的で系統的な実施を通して、自ら心身を鍛え、豊かでたくましい心をもち、健康で安全な生活を送ることのできる生徒を育成する。


(5)    「総合的な学習の時間」では、生徒それぞれが独自の課題を設定し、自ら調べ、まとめ、発表する力をつけるために、3年間を見通した体系的な指導計画として、全体計画と各学年ごとの年間計画を形成的視点から段階的に配置し直すことにより改善を図り、より一層充実させる。


(6)    学校行事や生徒会活動等において、生徒同士による関わり合いを大切にし主体的・創造的な活動を十分に確保・援助し、生徒の自主性、自発性を高めながら、望ましい集団を築き、社会の一員としてよりよく生活を改善しようとする実践的な態度を育成する。


(7)    「学校不適応」や「学習支援」さらには「進路選択」などの多様な課題に対し、ガイダンス機能と教育相談機能を拡充し、個別指導計画を活用した指導を推進するとともに、スクールカウンセラーや関係諸機関との密接な連携を深める。


(8)    教育機器や学校図書館の意図的な活用を通して、コミュニケーションスキルやモラルの学習や読書の習慣づけなど、たくましく生きる力の基礎・基本となる言語活動の適正化を目指す。
      
※以上の基本方針を実現させるため、常に校務運営組織を見直しながら組織的に目標に取り組むとともに、開かれた学校として、保護者や地域の方々への情報発信と意見公聴に努めて、教育活動の改善に資するものとする。また、21年度から実施されている新教育課程の移行措置要領にしたがって、適切な教育活動を推進していく。

更新日:2017年07月21日 11:12:18